園区概況

園区概況

字号:大   小   デフォルト

大連北黄海経済区は海洋産業区、新型産業経済区、循環産業経済区の三つの省級開発区からなっており、総面積が95平方キロメートルである。

経済区は七つの役割を持っている。そのうち、低炭素循環型町模範区が16.3平方キロメートル、静脈産業区12平方キロメートル、生態循環型農漁業区3.9平方キロメートル、教育知恵創新産業基地3.7平方キロメートル、動脈産業区34平方キロメートル、保税型専用港区3.2平方キロメートル、循環型サポート区21.9平方キロメートルである。

経済区は循環型経済、海洋経済、海外需要型現代サポート経済の三つのコア部分からなっている。そのうち、循環経済の部分が静脈産業、毛皮産業からなっており、海洋経済の部分が木材家具産業、グリーン食品加工産業、クリーンエネルギー源の生産と設備製造産業、コールドチェーン産業からなっており、海外需要型現代サポート経済の部分が文化意匠産業、教育産業、介護老人福祉施設レジャー産業からなっている。

動脈産業と静脈産業の面においては、廃棄された自動車の解体、部品の再生産、自動車部品の開発の産業クラスターを主にする。木材家具生産の面においては、木材専用埠頭と木材家具産業クラスターを発展させる。クリーンエネルギー源と設備製造の面においては、海上風力発電と貯蔵プロジェクトを主にする。グリーン安全食品産業の面においては、グリーン安全食品産業チェーンを作る。コールドチェーンの面においては、冷蔵冷凍食品、貯蔵運輸、販売などのコールドチェーンを発展させる。毛皮産業の面においては、毛皮製品の加工、競売、展示、取引などの毛皮産業を発展させる。文化意匠産業の面においては、文化意匠商店街、水文化博物館、特色ある町などを建設する。


  • 携帯電話向けサイト
  • ウィーチャット