港湾情報

庄河港産業企画

1、港区役割           庄河港区は大連地域の陸地と島の間の交通システムの重要な拠点であり、遼寧沿海経済帯が発展するための重要な支えである。庄河港区は雑貨、ばら積み貨物及び陸地と島の間のRO-RO船輸送をはじめとし、荷役倉庫、輸送システム、港湾工業、物流サービス、陸地と島の間の輸送などの役割を有する。

201#-204#バースプロジェクト

一つの2万GTのRO-RO船運輸のバース、一つの1万トンの通用バースと二つの1万トン多目的バース及び関連プロジェクトを建設し、年間貨物処理能力は335万トンに達する。総投資額は113759万元であり、国際RO-RO船運輸の役割もある。

205#-206#バースプロジェクト

一つの1万トン多目的バースと一つの5000トン多目的バースを建設する。総投資額は47573万元であり、コア部分は既に完成した。バースを貨物及び水産品、農業製品の輸出入に役立てる。後方施設には冷蔵倉庫を作り、コールドチェーンの一部になる。

防波堤プロジェクト

防波堤プロジェクトは東防波堤が1072.8メートルであり、西防波堤が4914.9メートルである。総投資額は63211万元であり、コア部分は既に完成した。港の安全停泊能力を向上させる。

航路拡張プロジェクト

航路拡張プロジェクトの規模は3万トンの単方向航路であり、全長が7860メートルである。総投資額が17825万元であり、90%のプロジェクトが完成した。

旅客輸送とRO-RO船運輸埠頭のプロジェクト

一つの1000GT旅客輸送バース、一つの1000GTRO-RO船運輸バースで既に完成した、総投資は7450万元である。島の住民の交通問題や島の観光発展の運輸能力問題を解決する。

庄河王家鎮旅客輸送、RO-RO船運輸埠頭及び防波堤プロジェクト

二つの10001000GT旅客輸送バース、一つの1000GT総合RO-RO船運輸バース及び防波堤を建設する、総投資額は25890万元であり、コア部分は既に完成した。

建築基盤の整備プロジェクト

基盤面積は約181万平方メートルで あり、総投資額は83208万元である。整備した基盤は港区の予備用地となる。

301#-303#通用バースプロジェクト

一つの5000トン通用バースと二つの3万トン通用バースを建設する。広報施設 である木材検査検疫処理区も建設する。総投資額は87709万元であり、コア部分は既に完成した。木材加工基地の原木、プレートの輸出入の役割を担う。

104#バース建設プロジェクト

一つの2万トン通用バースを建設し、総投資は24616万元である。2017年の春、工事開始の予定であり、大型貨物運輸の専用バースとなる。

庄河港旅客運輸プロジェクト

フェリーターミナルの規模は6832平方メートル、総面積は15367平方メートルであり、3級のフェリーターミナルである。国際旅客を受け入れることができ、総投資額は6932万元であり、港の旅客運輸能力を向上させる。

庄河港海事監督プロジェクト

高さが12メートルの海況パトロール船バースを二つ、30メートルのB型パトロール船バースを一つ建設する。総投資額は6096万元であり、コア部分は既に完成した。

庄河港将軍石作業区冷蔵倉庫プロジェクト

貯蔵量6.5万トンの冷蔵庫を作る、総投資額は30040万元であり。コア部分は既に完成した。海陸間コールドチェーンシステムの重要な施設となる。

  • 携帯電話向けサイト
  • ウィーチャット